調理専門学校に通って料理について勉強する|夜間でも本格的に学べる

食のプロになる

将来の為に通える学校

コック

料理が好きな人は、調理師の資格を取りたいと思っている人も多いでしょう。しかし、もう既に社会に出て他の仕事をしているというので諦めている人もいます。ですが、最近は調理の勉強ができる専門学校へ仕事をしながら通うことができるようになっています。どういったことかといえば、夜間部のある専門学校が増えていて仕事が終わってから調理の勉強ができるようになっているのです。どのようなスケジュールになるのか、調理専門学校に通っているある生徒の一日のスケジュールを紹介したいと思います。

その生徒は、朝6時に起床して仕事に行く準備をして8時半には仕事が開始します。そして、定時であがれるように仕事を行なって17時には職場を出て調理専門学校へ向かいます。この生徒が通っている学校は、18時20分に登校すれば間に合うようになっています。ですから、これから仕事をしながら夜間部の調理専門学校に通おうと思っているのなら職場から一時間以内に着くところを選ぶようにしましょう。そして、授業に関しては一日一教科で実習の日と学科の日があります。学科の日は、衛生や栄養などといった食品を取り扱うことに対しての勉強を行ないます。実習は、学校に到着したら白衣に着替えて実際にお題で出されたものを作って試食し、総評してもらうという流れになります。途中に休憩を挟みますので、夜ごはんを食べることができます。そして、全て終わると大体22時ぐらいになります。そこから帰宅して寝る準備になるので人によってはハードと感じるかもしれませんが、学びたいことが徹底的に学べるので充実した一日を送れるようになります。

パティシエ

お菓子作りのプロになる

製菓について学びたい人は、専門学校に通ったほうが確実に知識と技術を身に付けられます。それに、こういった学校に通えば調理師や製菓衛生師の資格も取得できるのでおすすめです。

調理

気になる学費について

調理師になる為に通う専門学校へ入るには、学費が必要となります。学校によって設定されている学費が異なりますので、幾つかに絞って費用の金額を確認しながら比較して決めるといいでしょう。

料理人

本場の料理を学べる

調理専門学校の中には、フランス留学ができるコースを設けているところもあります。そういったところなら、憧れの地で本場のフランス料理を学ぶことができるので、目指しているのなら最適なコースになるでしょう。